4月の新刊

 〔図書名〕  〔著者〕   備考
 青空と逃げる  辻村 深月  深夜の交通事故からの家族の危機、興味本位の追及に日常を奪われた親子は
 そしてバトンは渡された  瀬尾  まいこ  父親が3人母親が2人いる私。身近な人が愛おしくなる感動作
 ほどよく距離を置きなさい  湯川 久子  90歳の現役弁護士が人間関係のもつれをほどく。本当の幸せとは?
 長く高い壁  浅田 次郎  ここは戦場か、それとも殺人現場か、従軍作家が日本軍の闇に挑む
 星の子  今村 夏子  病弱だった娘を救いたく両親はあやしい宗教に。やがて家族の崩壊に
 いのち  瀬戸内 寂聴  著者最後の長編小説。「いのち」を描きつくす渾身の感動作

 

青空と逃げる   そしてバトンは渡された   ほどよく距離を置きなさい

長く高い壁   星の子   いのち